カテゴリー「パチスロ」の記事

CR革命戦士長州力 ~リキ、再び~ 【おもしろ動画】

またまた久々の更新。

といっても取り立ててネタがあるわけでもなく…『潰し屋』に関しても書き溜めているものの、細部を詰めるまでに至らずで未発表。

ところで先日、ニコニコ動画で面白いものを発見(既に見た方も多いかと思いますが…)しまして…しかし、ココログでは貼り付けできないため、念のためYOUTUBEを検索してみたら…あった(笑)。

パチンコ・スロット好きで、かつプロレスファンにはたまらなく面白いと思います。しっかし、これクオリティー高すぎ。作者さん、凄いです(苦笑)。画質はニコ動の方がいいので、アカウント持っている人はそちらでどうぞ(コメントつきの方が楽しいし)。ちなみに、関連作品が2~3あるので気になった方はYOUTUBEかニコ動で検索してみてね。

個人的には「時は来た!」の部分がいいセンスしてるなぁ…と思います(詳しくは動画で)。

CR革命戦士長州力 ~リキ、再び~

 

 

応援クリックしてもらうと励みになります!★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天皇賞(秋)と、春菊と、スロットの話

この2週間、体調不良及び就職活動で全く更新する気力が起きませんでした。もっとも、『潰し屋』以外にネタが無いのが原因ですが…(´Д⊂

■競馬の話
 去年のこの時期、競馬予想で随分盛り上がってましたね。今年は馬券を買う機会が殆どないので個人的にも全く盛り上がりません。一応予想をしてみたものの、熱が入らないですね…馬券を買わない人間の予想なんて、全くもって信用度ゼロですしね。ただ、こういうときのほうが邪念が入らずに当たったりもします(;;;´Д`) そして、後で悔しいという…。

 天皇賞(秋)。本命は…どうなんでしょう?消去法でウオッカ、となるんでしょうか。

 密かに心に想い続けたのはドリームジャーニーだったんですが…悲しいかな、大外17番枠。差し馬なのでそれほどのハンデにはなり難いかと思うのですが…やはり、位置取りに苦労するかな…と。小さな馬ですし、外、外を回らされて距離をロスしたら…一瞬抜け出す脚に差が出そうなんですよね。

 カンパニーも考えたんですが…これも1着は厳しいかと。前走、毎日王冠の上がり3Fは33.2と優秀ですから、相変わらず好調なんでしょうが…。横山典の好騎乗に期待です。

 もし、順調なら断然ダイワスカーレットなんです。僕はウオッカとダイワスカーレットの勝負付けは済んだと思ってます。ただ、今回は東京コースで久々。ダイワスカーレットに有利な条件が一切ないんですね。やはり、久々では最後の1ハロンで息が持たないと。

 ディープスカイは、どうでしょう?対抗に推したいですね。本命にすべきはこちらかも知れません。ウオッカの不安定なレースぶりを考えると、こちらを軸にしたいところです。マイナス2キロのハンデもありますし、東京コースは得意でしょう。ただ、ウオッカも東京は得意中の得意。比べたときに、決め脚の差でウオッカに軍配が上がる気がします。
あと、近年において種牡馬としての価値を考えたときに、1600m・2000m・2400mのG1を3勝しているという事は大事だと思うんです。ただ、やはり近年の3冠戦軽視の流れは悲しい。もちろん、初勝利までに6戦を要したことが影響した春の過程や、距離適性を考えた上での挑戦だということは理解したうえで、それでもダービー馬が出ない菊花賞に、悲しさを覚えた人間として…ここは、歴戦の古馬達にひとふんばりを期待したい。「まだまだ、オマエには早いよ」そういう先輩馬の意地を見たいですね。

 と、いう訳で消去法で一番消す材料が少ない(…ディープスカイに関しては、ただの個人的思い入れですが)ウオッカが本命です。しかし…ここにきて、今年の名手武豊が一番の不安材料となりうるとは…。今年は3月のファルコンS以来、重賞戦線で勝ちきれないレースが続き、G1もフェブラリーSで勝ちましたが、メイショウサムソンで2着続きと勝ちきれない。脅威の新人、三浦皇成に10月であっさりと新人最多勝記録を更新されてしまうなど、何だか今までの豊らしくない。人間は良い流れの時もあれば、悪い流れの時もあり…このレースでそれを断ち切れるか否か、今年秋のG1戦線を占う意味でも重要なレースになると思います。

 あと、アドマイヤフジは善戦まで、アサクサキングスは距離が足りない(切れ味勝負には足りない?)…ということで3連単の3着までかなぁ。以上、天皇賞コーナーでした(;´д`)

 

■最近の事
 面接等のお話は、何度も誘導してますが(;´Д`A ``` 裏ブログ(無職再生工場)に詳細を書いてますので、気になるかたはソチラへ(ホント、こっちも面白いと思うんですが…なんせ、毛色が違うんですよね、コッチと)。 体調が思わしくなかったのに自分でビックリしたんですが、ある日突然肩がバリバリに張って、そこからひどい頭痛への連鎖。2~3日まともに動けないほどグッタリしてしまいました。

 ベランダの大麻…じゃなくて(苦笑)春菊が順調に成長を続けてまして、この度サラダ用に育てていた二十日大根とベビーリーフを全収穫して、本格的に鍋の時期を迎える前に春菊パラダイスにしようと試みてます。ま、どうでもいい話ですが(´・ω・`) 
 春菊って、売ってる日でかなり値段が上下するんですね。冬場で安い日だと100円とかでもあるんですけど…ちょっと天気が悪い日が続くと、シナシナの春菊が298円とか! 天気が悪い日こそ、鍋で温まりたいじゃないですか。なのに、そりゃねぇだろ!!っていう。 それに、ああいう香りが強い葉物野菜は、採れたてが抜群に美味い。 …………ま、どうでもいい話ですが(´・ω・`;)

 『潰し屋』のネタ、脳内では溜まってるんですけどね…とにかく、文字におこすって作業がとても大変。仮に、仮にライター業のような仕事が出来るとしても無理ですね、これじゃ。趣味でブログが限界のような気がします。こういう作業は好きだと思ったんですけどね。今の第5話まででも、かなり不満です。表現の仕方が雑すぎて。

 

■パチスロの事
 10月は、ついに3回も5スロに行っちゃいまして。計1万円ほどプラスになりました。結構勝負になってんじゃないか、と。投資額もスズメの涙程度ですから、ホント気楽なもんですけどね。一度、戦国無双でRUSH中にハメ倒してやりたいんですが…5スロでもアイツとの相性の悪さは全く変わりませんね。まずボーナスが引けません。ええ。

 5スロでも人気台は変わりませんね。肉・エヴァ(まごころ)・ジャグです。この3つは不動の人気ですね。最新台はなかなか5スロには入りませんから、これは納得です。約束の時が出てからは、あえてまごころを打ちに来ているんじゃないか?というような若者もいましたし。どうやら、他の人の感想などを聞いても、あの出目の秀逸さから言って、前作の方が良かったという評価で落ち着きそうですね。ただ、私落人、まだ約束の時を1回も打ってませんから( ´_ゝ`) どうのこうの言える立場にない、って事です。ハイ。

 5スロで楽しいのは、レア台…というか、希少台と結構出会えること。もちろん、無駄な金は一切ありませんから、せいぜい浮いたコインで200~300ゲーム程度遊んでみるくらいなんですが、この前行ったお店では夜勤病棟(エロゲー移植)とジャンジャン飯店(1ライン機)を目撃しまして。悩んだんですが、結局横にあったドカベンを打ちながら、夜勤病棟をガン見するというヘタレ振りを発揮。そしたら、ドカベンで4回くらいBIG引けて、500枚くらい上乗せ成功したという…。その浮いた分はしっかり戦国無双で消えました。ええ、一度もボーナス引けずに、ですが何か? 個人的には、5号機になってすっかり陰が薄くなりつつある沖系機種のラインナップを強化して欲しいんですが…(南国娘とかでなく)。告知系のAタイプでダラダラ遊びたいなぁ。

 というわけで、この前引いた「ベタだけど、僕が大好きなエヴァまごのリーチ目」の写真2枚を添えて、今日の記事は終了にしたいと思います。もう、おなじみすぎて新鮮さゼロですが…。

Photo  

はい、ベルはずれです。

これは…第3停止でビックリパターン。『潰し屋』第5話でも書きましたが、残念出目のはずが突如歓喜へと変わるという、ラブリージャグラーのブドウはずれ(グレープがズレて『ズレープ』なんて読んでるライターさんがいたっけ…)に通じるものがあります。エヴァまごの場合、演出がまた普通~~な感じだったりすると、余計喜びも増します。

ちなみに、こういう出目の時、僕はかすかに声が出てしまいます。「クワッ!」とか「ウフォ!」とか(苦笑)。恥ずかしいんですけど、確実に声が出てますね。周りの人が見ますから、僕を。普段責められないところを責められて、思わず声が出てしまう…そんな下ネタみたいな話はいいか(;´д`)

  

 

 

 

Photo_2

はい、続いてリプレイ上段テンパイハズレ。

斜めにテンパイして、右リール下段で「あれ、これ入ってるよね?」っていうのも好きですが、あれは滅多に出ませんから。普段お目にかかるのはこっちですよね?

青7確定ってのも嬉しいのですが、何よりその意外性。リプレイってのは小役において最も残念(リプレイ重複のある機種は除いて)な役だけに、それが一瞬にして否定される喜び。これも演出が平凡なほどビックリ度が増して、感激な訳です。

 

 

エヴァまごは導入以後、朝イチの台争奪戦でことごとく失敗する日々が続き、悔しさまぎれに硬いレバーを強打することで拳と心を痛めてトラウマと化しておりましたが、少しだけ心が晴れました。本当は赤7狙いをやめて、面白ポイントをガズガス狙ったりするのも、楽しめるんでしょうね。

では、また来週…ってことで。

 

★↓↓↓ 応援クリックをぜひ宜しくお願いします!コメントもお気軽にどうぞ~  ↓↓↓★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハイサイ蝶特急に期待!

久々に新機種の話題を少々。

Haisai

タイヨーから『ハイサイ蝶特急』という新機種が発表された。
(詳細はコチラ→タイヨー、純増1.9枚/GのART機を発表【P-WORLD 業界ニュース】

これは、面白いと思う。簡単に説明すると…
■ボーナスはJACボーナス(全設定共通 1/99)のみ
■JACボーナス当選時に赤7が揃い、ART「蝶特急モード」(1.9枚/G)に突入
■ART中は、赤7成立時に抽選された回数分(3回~50回)、3択子役を完全ナビ
■ART中は、1/26で赤7が揃い、ナビ回数を上乗せ可能

…となっている。ナビ終了後にJAC図柄を揃えて、ボーナス消化(純増12枚)。

2027は、最初に確定した継続率で20Gごとに抽選だが、これは上乗せが期待できる上に、上乗せのチャンスが1/26。ドキドキも持続する上、ART中の平均純増枚数も1.9枚だから出玉スピードも期待できる。サクッと打って、サクっと出して…なんて無理だろうけど、ゲーム性や確率を考えると可能な気もする。

タイヨーといえば、僕はガッチャマンを思い出す。昨年、一番稼げた機種。設定が分かりやすい上に、ARTの威力は抜群。パチスロ特有の楽しみ(出目など)が一切無かったのが惜しい。決してホールには好まれていなかったと思うが、朝イチとりあえずコイツに打診する…というルーチンが成り立っていた頃は、収支も安定していたなぁ。

タイアップをつけなかったことで、多分機体価格も抑えられている(?)気がするし、ぜひ各ホールに導入が進むことを願っている。12月中旬納品予定と、回収ムード真っ盛りの中で導入だが、これならヒキ強さんは稼げるんじゃないでしょうか?

とにかく、各メーカー苦労して開発しているんですね。最近はなんだかキャッツアイが美味しいという話をよく聞きます。肉、とか猫、とか…漢字一字で略せるのがキーポイント??(んな訳ないだろうに…)これも、蝶といえば南国ではなくこちらになるくらいヒットすることを願ってます。

応援クリックしてもらうと励みになります!★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出す感覚

こんにちは、落人です。

ブログパーツを変更して、少しだけイメチェンです。あなたとは、違うんだそうです(苦笑)そういえば今、サッカーのW杯予選がやってるんですけど…なんか、本当に盛り上がってないですよね。なんかもう、W杯は出場して当たり前、っていう雰囲気ですし。ちょっと前まで、出場すること自体無かったのに。それに、昔のように予選が集中開催ではなく…バラバラの日程で長期に渡るのも、盛り上がりに欠ける原因かも知れません。これはチームをつくるのが大変だと思うんですが、今の各国リーグ戦、カップ戦などの過密日程であれば仕方ないことなんでしょうね。いずれにしても、日本の勝利を祈ってますが…って

 

 

失点しちゃった!!!!!

 

…さて、気を取り直して(鬱)

いや、カウンターで失点しちゃいましたよ。あっさり。何なんでしょう。触れなきゃ良かった。やっぱ、W杯予選は厳しいですね。簡単な試合なんて全くありません。

さて、もうパチスロが打ちたくて打ちたくて、毎日ウズウズしてる状態なんですが…気になるエヴァ約束の時、全く良い話を聞きません。出目マニアからは左リールの狙いどころを奪い、演出マニアからはパチンコの焼き直しという仕上がりで総スカンを喰らうという…そんな感じですか?前作の完成度が高すぎたという事でしょうか。You Tubeなどで色々動画を見てみましたが、各所でのコメントも納得…という感じです。やはり、後継機種ってのは難しいんだなぁ…と思う今日この頃です。

さて、こんな禁断症状と闘いながら毎日何とか生きている次第ですが、って……

 

 

 

どうて~~~~ん!!!同点!!玉田~~~~~!!

 

 

…さて、落ち着いて参りましょうか(苦笑)

そう、パチスロ禁断症状と闘いながら生きている落人ですが、実はこの前、我慢できずに5スロに行きまして…(恥) ネットで調べて見ると、最近増えてますね。結局、評判の良い5スロは自宅から遠く…前から知っている5スロへ行ってみるか…と妥協。まぁ、5スロだし、ゲームセンター感覚だから、いいか…と。

とはいえ、5スロでもタダで打てる訳じゃないですからね(当たり前…)、煙草代を節約して貯めた5000円を握り締めて出陣してきました(少ない!!)。 他に用事をつくって、それと合わせて電車で行ったんですけどね。理由がないと、無駄な外出許可は下りませんから(鬱)。5000円だけだし、カード類は没収中なので、これ以上負けようがありません。ワッハッハ!

ホント、こういう事してたらダメなのは分かってんですけどね。まぁ、今日は息抜きだと割り切って5000円無くなるまで好きな台を打とうと。落人の一押しグルメスポット(??)の近くで…お店の存在は知ってたんですが、昔はホント評判の悪い店だったので(失礼!!)、かなり不安。でも、店に入って、それも解消されました。

実戦の模様はまた、後日演出写真と共に書きたいと思いますが…ペカ、ペカッ!として、ド~~ン!と花火を上げて、キュイン!とパトランプが光って、屁のツッパリはいらんですよ、とマッスルして、ボ~~~ナス確定であ~~る!とオスイチして、最後はベルハズレやらリプハズレやらの悶絶出目に酔いしれた訳です。

結局、好きな台というよりは…殆ど直感みたいな感じで打ちましたが、最後のエヴァまごで救われました。ホント、気持ちよかった。最後まで打ちたかったなぁ(夕方には帰りました…夕飯の準備があるので)。

打っている殆どの人が、遊びやら時間つぶしなので高設定くさい台も簡単に空くんですね。それが分かったのが、まずは収穫。この日打ったエヴァも空き台をごっちゃんしたんですが…中途半端に合算が良い台を拾って、良い思いをしたこと無かったんですね、エヴァで。

でも、ここは5スロ。プロがカウンターポチポチして捨てた訳じゃなく、みんな適当に楽しんでますから…程々に出たら、他の台へ移動する。だから、ある程度素直にデータを信じていい状況でした。

忘れかけていたレバー、ボタンの感触を思い出しただけでも良かったのに、おかげでわずかながらですがプラス収支。さすがに換金の際はガッカリしましたが(と、いうのも…7枚交換相当のレートだったんです。5スロで7枚交換相当…つまり、280枚で1000円です)、負けてないだけでも奇跡。この返ってきた5000円プラスアルファは、嫁様のカット代に消えましたが(苦笑)。楽しかったので、ヨシとしましょう。

それでは、今日はこのへんで…サヨナラ!

★これが励みです!!応援クリックお願いします~!★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融不安…株価も、設定も下がる罠

またまたヤーマが、ヤーマらしい新機種を発表(モンキーモンキー)し、オーイズミはハネスロのニューバージョン(ハネスロナイツ)を発表しました。

オリンピアが南国育ちを5号機仕様にして復活させたのも…いや、これはどうかな(苦笑)

メーカーごとに独自色が出るのは非常にいいことだと思います。北電子を見れば明らかですよね。軸に一点のブレも無い。だから、営業面でも強気の戦略で進められます。

オーイズミの大泉副社長がこのハネスロナイツの記者発表で「今5号機市場に求められるのは、スペックカテゴリを増やすこと」と言っていました。「ぜひ他メーカーにも同様の機種を開発していただき、市場を活性化させたい」とも。

何を今更…と言いたくなる気もします。しかし(スペックカテゴリという表現が微妙ですが)、出玉性能に言及している点は、評価されてもいいかも知れません。

僕は、この発言がパチンコなどに見られるような「ミドルスペック」「甘デジタイプ」などのカテゴリ分けだけを指しているとは思いません。それは、このハネデジナイツの機械割を見れば明らか。もはや、ゲーム性うんぬんでは状況を打破できない事が分かったので、では今の規制の中で、どうやって出玉を期待させるか。そこに尽きるのでは…という事に含みを持たせた上での発言と信じています。ユーザーが求めているものは、既に分かっているのですから。

ただし、パチンコは、カテゴリ化が細分化しすぎて迷走気味ですが…。

そして…そんな事も吹っ飛ぶくらい、とんでもない株安と円高。

もう、世界大恐慌です。きっと午後からのニュースでは、大きく扱われているのかな?と思いきや、ノーベル賞とか…そんなんばっか。いや、確かに素晴らしいことなんだけど。

もう一度言いますが、世界大恐慌です。

僕の生活は、既にどん底と思っていましたが…もっと底があった( ´・ω・`)

僕のような無職人がどんな影響があるか…ってのはまぁ求人数などに反映されるわけですが、これは、実はパチンコ業界にも非常に影響がありまして…(いや、懸命な読者諸兄はもうお分かりでしょうが)とにかく、パチンコホールは資金繰りが厳しくなるでしょう。となれば、単純に日々の営業における利益率を高めるしかない訳です。そして、キャッシュを持つこと。

更に今、ホールは大型新装を終えたばかり。今年最大の入替であったはずです。つまり…入替費用の回収を急がないと、短期的な資金繰りもそうですが、この先の営業計画も立たない状況。単純に外から見ると、何もいい話が無いんですね。

さてさて、本当はウォンの暴落に絡む話なども絡めて記事を書きたかったのですが、話が複雑になって頭が混乱してきましたので、一旦やめておきます…今日は何と言っても野球でしょう。もうすぐプレイボールです!!

10.8決戦のために、今から買い物に行ってきます。テレビの前で、釘付けですね。今日だけは、無職でよかったと思えるような(落ち着いてゲームを観戦できる点)ナイスゲームを期待してます(僕がどっちのファンか…それは、また今度)。

★いつも応援ありがとうございます!ついでにクリック応援お願いします~★

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ひきこもりオヤジへ Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『潰し屋』 第2話 ~クロージング~

 パチスロ稼業…スロプロ…世の中には、こういった世界に足を踏み入れ、そして敗れ去って行った人がどのくらいいるのだろう。僕は、おそらく動機としてはありふれている上に、技術も、行動力も、そして何より覚悟の面で、そういった世界のピラミッドの中で、最下層の部類に入っていただろう。

 それでも、有り余る時間と世の中の流れが僕を助けた。ちょうど、僕がパチスロ中心の生活になりつつある頃は、内規の変更により4号機が撤去されることが決まっていた。そして新台…つまり5号機は、今までのような立ち回りが利かなくなっていた。それでも未だ主流であった4号機に客が流れている事から、ホールはある程度の利益を確保できていたし、稼動の確保と宣伝を兼ねて、5号機には高設定が入っていた。そして、5号機への先入観から、客同士の競争が少なく、時間的余裕があった僕は、朝から高設定探しに専念し、比較的安定した稼動ができていた。

 しかし、良い期間はそれほど続かなかった。出玉の面でも4号機に劣らない性能を持つ機種がデビューし、実践値が次々に攻略誌上に報告されるようになると、4号機に固執していたプロが、いよいよ5号機攻略に乗り出してきた。ゲーム性も次々に改良され、大型タイアップ機種も出るようになると、一般ユーザーにも、波の大きい4号機よりかえって好んで打つ人が出始めた。

 そういった状況になると、僕は5号機での立ち回りに苦労するようになった。朝イチにツモれない状況が増えてくる。2台、3台、4台…狙い台をハシゴする。5号機とはいえ、初期投資が若干かさむようになった。しかし、そこはサラリーマン時代に一定以上の小遣いをもたらしてくれたゾーン狙いに徹することで何とか凌いだ。変革期にあったホールの機種構成が、かえって様々なシーンに対応しやすい状況を生み出してくれていたのだ。朝は5号機ハイスペック、午後からはゾーン狙いのハイエナ。ありあまる時間をデータ収集とハイエナのための「待機時間」に充て、平日の稼動のみ、それもアルバイトを除いた時間で、サラリーマン時代の月給と比べても遜色ない程度は稼ぐことができた。また、4~5号機の混成時代に導入された新台は、今のように設定推測が難しい機種は少なかった。打ち手に左右されず、設定通りの素直な出玉だった。

 この頃から、一人で飲み歩くような日が増えだした。金銭への欲求が薄れ、これからしばらく先の稼動や収支に対して過信があった。不思議と誰かと飲む気は起きず、1日の稼動を振り返りながら、落ち着いたバーや小料理屋を渡り歩いた。年齢的にも、こういった場所に気後れせずに入れる頃合になっていた。将来への若干の不安も、自身が勤めてきた会社での日々を振り返ると「辞めてよかった」という気持ちが勝った。あの頃は、ただひたすら働いた。働いて、働いて…自分に壁を作ることをしなかった。無茶苦茶な上司の要求も、全力でこなした。

 時々、ふと仕事への集中力が切れたとき…無理矢理時間を作ってパチンコホールへ駆け込んだ。大きな音の中、目の前の機械を相手に…無心で打った。そうすると、なぜか癒された。顧客や上司、案件の事ばかり考えていた日々で、ホールでの時間は、思いっきり自分の事に対してわがままに振舞えた。結局、残務処理の時間が後ろへずれるのは承知の上で、打ち続ける日々だった。そうすることで、精神的な疲弊を解消していたのかも知れない。今は、誰かと関わることを極力避けていた。誰かと関わり、理解しあうには大変な労力がいる。それに疲れていた。傷ついたり、闘うことを避けていた。それに、ホールでの日々が作用したのか、僕には人が皆、敵に見えるような気がしていた。一日人や機械と闘って、また人と話す気は起きなかった。あるとすれば、全く関係の無い人か、利害関係がはっきりしている人…つまりは店主と客、またはそれに近いような人とだけだった。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ある日、僕はかなり酔って帰ってきた。その日はアルバイト先で、給料日に行う飲み会に参加した。僕は最初から依頼されたアタックリストの作成量に応じてバイト代をもらっていたので、基本的に頼まれないと仕事がない。そういった関係で、その都度手渡しでアルバイト料を受け取っていたから、その定期開催の飲み会には参加したことが無かった。そこで、久々に出勤した僕に社長が声をかけてくれた。
「ちょうど今日給料日だから、皆で飲みにいくけど、お前も来るよな?」
僕は、久々に人と飲んで、いろんな話をして、相当な量の焼酎やウイスキーを飲んだ。気分が良かった。人と話すことで、世の中とのつながりを取り戻した気がした。近頃ホールでは、すべての人間がすべて敵に見えていた。しかし、ここでは小さな会社で繋がっているみんなが、力強い団結を持ったチームに見えた。みんなが優しく、僕もその一員になれた気がした。ささくれていた気持ちが、ほぐれていくのが分かった。結局、ひとりでいる時間が増えて、孤独感に負けていただけの自分に気づいた。

 上機嫌のまま帰宅し、すぐに服を脱ぎ散らかして、風呂に飛び込んだ。気持ちいい風呂だった。お湯が体に染み入るような気がした。が、そんな気持ちは妻の一言で一瞬にして吹き飛んだ。

 「ちょっと、これどういうこと?」

と妻が声を上擦らせて風呂のドアを開けた。手には、上着に突っ込んでいたはずの、クシャクシャになった給与明細があった。僕は酔いが回っていて、いまいち状況が飲み込めなかったが、給与明細を確認したのだろう、ということだけは解った。服を乱暴に脱いだことが、災いした。

 「………風呂から上がったら話すから、ちょっと待って」

 僕がそういうと、妻は強くドアを閉めた。僕はシャワーを熱めにして、湯船の中で頭から浴びた。何と言えばいいのか…いろいろ言い訳を考えたが、酔っていたこともあって、何も頭に浮かばなかった。仕方がないので、覚悟を決めて話すことにした。脱衣所で、雑念を振り払うように、タオルで頭をガシガシガシ、と力を入れて何度も拭いた。

 風呂から上がり、リビングに行くと妻が椅子に座って、テーブルに両肘をついていた。両肘の間に、給与明細が広げられていた。そして、ドアを開けた僕に対してとても不安気な目線をぶつけてきた。ふたりともしばらく黙って、僕はすぐに座らずに冷たいお茶をコップに入れて、テーブルに近づいた。すると、妻は給与明細に視線を落としながら言った。
「この、3万円って金額は何?確か、今月は10万くらい入るって言ってたよね?」
妻は金額が少ないことに単純に驚いているのだろうか?僕は、妻の心理状態を探りかねていたが、さっき決めたとおり、覚悟を決めてある程度話そうと思っていた。金銭的に苦しい状況ならばともかく、今は何とか勝っていて余裕があった。だから、それほど責められることも無いだろう…そう、安直に考えていた。

 僕は、今の状況を…アルバイトがある日と、無い日。それぞれどのように過ごしているか例を挙げながらすべて話した。今、仕事があまり無い状態であることと、パチスロで稼いだ金額も話した。一人で飲みに出ていることは、変な誤解を与えないようにあまり話さなかった。帰りが遅い日は、バイト先の知り合いと飲んでいる、とだけ言った。妻は、話が終わるまで、すべて黙って聞いていた。僕が話し終わって、しばらくの間黙っていた。なぜか、その時間がとても長く感じ、沈黙で二人の間に何か溝のようなものを感じた。

 「それで、いいと思ってるの?」
妻は少し涙目になって、僕を直視した。少し睨んでいるような、何かを訴えるような、そんな視線だった。
「このまま、ずっとは続けないし、こんな生活が続くわけないことは解ってるよ」
「だったら、いつまで?」
「次の仕事が見つかったら…かな」
「でも、探してないでしょ?」
「うん、積極的には探してないけど。今はアルバイトがあるし」
「アルバイト、してないじゃない」

 だったら…と僕は口を開きかけて、やめた。頭に血が上っていた。全く妻の言う事に対して答えてないし、何だか自分を否定されたような気がして、そんな自分が嫌になった。
「わかった。お金、今は大丈夫なんでしょ?」
妻は何かを諦めたのか、覚悟を決めたのか…納得はしていないものの、何だかさっぱりしたような表情をして話を続けた。
「だったら、これからはちゃんと話して。バイトの日はバイト。その、パチンコ?スロット?それに行く日は、行くって言って」
「わかったよ。今まで、悪かった。」
「……ただし、条件があるんだけど」
そう言って、妻はまた真剣な目になって、僕を見た。妻がクロージングに入ったことを察して、僕は観念した。交渉材料が、全く無かった。

 

 ……結局、このときに呑まされた条件、それが家事だ。それがあるおかげで、夜にメールをチェックする時間は無くなった。家事もサボらずにやれば、本当に時間がかかる。なるべく時間で区切って、できないことは無理してしないようにしているが、それでも30以上のホールから来るメールをチェックする時間は、夜にはない。

 この日の朝も無収穫で、僕はパソコンを閉じ、携帯に入るように設定してる本命ホールからのメールを再チェックし出した。今日は、本当に使えそうなイベントが無い。月初だからある程度は仕方がないとしても、最近のイベントは本当に信頼度が落ちた。この半年、僕の収支と共に、ホールにも危機が近づいている気がした。それは、後に確信へと変わるのだが…このときは、単純な立ち回りの問題だと、思い込んでいた。

 僕は急いで着替え、慌てて家を出た。イベントはどれも似たようなもので、それならば…と自宅から一番近い店を選んだ。徒歩で5~6分。今からこれ以上遠い店へ行って、入場抽選を受けるよりも、並び順通りに入場できるその店の方が確実だと考えた。店に近づいて、並び人数を見て、うんざりした。皆、同じような考えだったのか、どうせイベントに差が無いのなら、入場順が読めるであろうこの店に集まっていたのだ。僕は、とりあえず並んだものの、一気にやる気が失われていくのが解った。ふと冷静になって、そういえば昨日の負けで、軍資金が不足しているのでは…と思いだし、財布をチェックした。黒の長財布の中には、免許証やカード類に混じって、いつもは無い大きな違和感を発する、真っ白な名刺が顔を覗かせていた。

(第3話に続く…)

★続きを読みたい…と思われた方、ぜひ応援クリックお願いします~!励みになります!★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クサイものに蓋…ですか?(大都技研の出資問題)

大都技研が、Jリーグのアビスパ福岡に出資するという。ところが、これに対してJリーグ側が異論を唱えているのだ。Jリーグは、青少年の健全育成という観点から、特にユニフォームスポンサーなどで「自粛カテゴリー」を設けている。これが、大都の場合「パチンコ・パチスロ」といった部分で当てはまるというのだ。

大都は、今回7000万円(資本金と資本準備金をそれぞれ3500万円ずつ)出資した。これは、出資比率でいくと4.94%で上から数えて6番目。この4.94%という数字がミソで、出資比率が5%を上回るとJリーグ理事会の承認が必要になる。理事会での承認となると…当然、否決もありうる。議論を避けるために、この数字となったようだ。

さらに、大都はユニフォームスポンサーとして3000万円の出資を予定しているが、これに対しても、Jリーグとしては難色を示している。むしろ、こちらの方が反発は強いようだ。

アビスパ側としては、資金難で背に腹はかえられず…「遊技機メーカーであり、遊技場運営をしていないから問題ない」としてユニフォームスポンサーも承認を得たい考え。

しかし、大都技研は会社関係としてはグループではないものの、大都技研社長の親族がパチンコ店を経営をしているとして、Jリーグでは「自粛カテゴリーに当てはまる企業」だとした。

実際のところ、マルハンが大分トリニータを支援しているという実態があるため、この流れは抑えられないと思われるが、予想外にアレルギー反応が起こっている。酒造メーカーがJ2の熊本を支援しようとして問題になったことも、最近の話。

これが、セガサミーならOKなのか…?という素朴な疑問はさておき、酒造メーカーまでが「青少年の健全育成」という訳の分からない理由でダメだと言い出したら、いったいどこがスポンサーになるのか。Jリーグは、ここまで驚異的なスピードで発展してきたが、それも野球とは違い、「お手ごろ価格」でスポンサーが付きやすい環境があったからこそ。そもそも、青少年に悪影響…って。何だか、臭いモノに蓋をするって感じがするだけ。これこそ、青少年の健全育成に悪影響があるのでは?

ハイネケンって、UEFAチャンピオンズリーグのスポンサーしてましたよね?…これも、ビールメーカーじゃない?Jリーグより、チャンピオンズリーグを観てる子供の方が多かったりして…(それは無いか)。日本と外国のお酒に対する考え方の違いでしょうが…。世界最大級のサッカー組織が、こういった企業を受け付けていることに対して、Jリーグはどう答えるのでしょう。

これをみると、ナベツネがライブドアの参入(プロ野球近鉄の買収騒動)を断固として受け付けなかったことなんかを思い出します。最終的には、オリックスが引き受けましたが…楽天が参入して、球団数が減るといった事はありませんでした。そういえば、今日は清原の引退試合。相手は「ドラフトで因縁の」ソフトバンク、王監督。こちらも今シーズン限りでさよならです。時代の流れを感じます。シーズン終盤は、こういった寂しい話も多くて辛いですね。今年もあと3ヶ月です。

話がそれましたが、やはり、パチンコ・パチスロに関わる仕事、それに関連する企業が市民権を得るのは大変のようです。こういった産業の負・影の部分を見ると、確かにそれも仕方ないとも思えます。しかし、30兆円に近い巨大産業と化したパチンコ業界。もはや、レジャー産業の中核であり、これによって生活している人々を考えると、いつまでも「クサイものに蓋」の話では無いと思うのですが、いかがでしょうか…?

★よかったら、応援クリックお願いします。★

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ひきこもりオヤジへ Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (2)

新台入替自粛を来年度以降も実施?

※先月末より、カテゴリー・記事の整理をしております。一部ご覧いただけない過去記事・カテゴリーがありますが、しばらくお待ち下さい。

皆さんこんにちは。本日より待望のエヴァ新装!

早朝よりお並びの方も多くて、お忙しい事と思います。落人はまだまだ禁スロな日々ですが…(;;;´Д`)ゝ

最近、パチ・スロ関係の記事は殆ど「業界ネタ」みたいな話ばかりです。ちょっと寂しいですが、稼動が復活する日まで(復活するのか????)はこんなお話で繋ぐしかありません(涙)。

さて、今回は…全日本遊技事業協同組合連合会(…長っげ~~。以下、全日遊連)が来年度以降も新台入替自粛を継続するか…というお話。

この全日遊連は、僕等には「パチンコ・パチスロファン感謝デー」でおなじみですね。簡単に言うと、各地にあるパチンコホール組合を統括する全国組織です。

で、この全日遊連が、今年の洞爺湖サミットの際にあった入替自粛に関するアンケート調査を各ホールに対して行い、内容を分析して来年度以降も入替自粛を行うべきか否か…を検討するというのです。

これによって、新台入替を自粛したことがプラスに繋がると判断された場合、来年も一定期間の自粛が設けられるかも知れません。

この動きの背景には、高騰する機械代への強い不満があり…自粛によって機械代そのものを抑制するだけでなく、メーカー側を強く牽制する狙いがあります。

特に抱き合わせ販売を中心とした、メーカー側の営業姿勢に不満を抱える中小ホールでは、現状を打開するキッカケとして期待も大きいようです。

ただ、今回の洞爺湖サミット期間中は、期待されていたようなユーザーへの還元も少なく、自粛明けの大型新装への「貯金」へ走った動きが目立ったため、ユーザー離れの加速にも繋がりかねない点から、必ずしも来年度以降、自粛を実施するとは明言していません。

この一件。落人は以下の点から大賛成です。

■新台入替に頼った営業姿勢の見直しが期待できる
■地元に根ざした中小ホールの救済(大規模チェーンの寡占阻止)
■新台のクオリティーが高まる

個人的には、新台のクオリティーが上がる事に期待したいです。新台の出るペースが強制的に押さえられば、各メーカーは質を高めることで販売数を増やすしかありませんからね。今のように次から次へと新台が出続けるような状態は、マトモではありません。

その一例に、タイアップ機の増加があります。短期間で開発を迫られる状況では、既出のキャラに頼ったほうが、簡単に一定の成果を得ることができる…という発想になることは容易に想像できます。

大都が「24」なんて台を出したのにはビックリしました。常にオリジナルのキャラ、そして質の高いゲーム性やサウンドを提供してきた大都だからこそ、「大都ファン」が数多く存在したはず。いよいよ方向性を見失ってきたかな?という気がして残念です。

自粛期間中のイベントについては、もうあまり期待しません。今年は還元できるほど、どのホールも余裕が無かった。これは来年度以降も同じで、さらに状況は悪化するかも知れません。結局機械代が浮いた分だけホールが儲かっていたんでは、自粛の意味なんてユーザーには何の意味もない。

入替自粛による廃棄台の排出抑制を「環境問題を利用したタテマエ」として持ち出すならば、全日遊連は営業時間への短縮や、ネオンサイン等の自粛についても実施すべきです。そうでなければ、来年度以降の自粛も円滑に導入できないでしょう。少なくともメーカーの反発は必至です(クールビズ・ライトダウンについては一定の議論がなされているようですが…)。

と、まぁ偉そうに書いてきましたが…やはりエヴァのような期待の台が絡む新装は、楽しい気分になりますよね。新装が減るのは悲しい。しかし、業界全体で現状を打破していかないと駄目ですからね。さっきも書きましたが、僕は自粛については賛成です。

ただ、どうも全日遊連はユーザー視点を欠いている気がします。自粛が、ユーザーにもプラスになるように考えて欲しいですね。「パチンコ・パチスロファン感謝デー」なんか、自粛中にやればいいのに。内容も、景品が当たるようなキャンペーンに何の意味があるのか。無駄にティッシュやうちわを配ったりするのもそう。そんな金があるなら、全国的に「釘を開ける」だとか、出玉に絡んだキャンペーンを実施して欲しいです。

どうせ、「射幸心を煽る」とかで駄目なんでしょうね(´・ω・`)

★ブログの新展開について近々発表…?応援クリックお願いします~!★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カジノでパチンコ屋がなくなる?? アンドお知らせ

※先月末より、雑多に増えたカテゴリーと記事の整理中です。一部、閲覧できない記事&コメントが出てしまってますが、もうしばらくお待ち下さい。

 

いやぁ…、噂以上のバケモンのようですね、CR北斗の拳。ラオウバージョンが人気のようですが、そのラオウにこっぴどくやられる方、続出のようで。

回転数とか見て、「ハハ、1000ハマリ。こっちは…800、こっちは…2100…ん?2100…!!!!( Д) ゚ ゚ スポーン」

こりゃ、大変だなぁと。

まぁ、私は例によって更生中により禁パチ続けてますから。被害には遭ってないです。ただ、勝ってる人は相当みたいですから。こんな時代、イチかバチかの短時間勝負にはもってこいなんじゃないですか?

僕は、ただいまお仕事探しの旅の途中です。旅の様子は、右上のリンク(無職再生工場)からご覧いただけますので、良かったらどうぞ…。

筋トレは予定通りのサボり気味… _| ̄|○

 

今日は、カジノについて。

近い将来、カジノについて国会でもいよいよ深く議論されることと思います。

次の総選挙で民主党が政権を取った場合、カジノ法案については現存の外国資本(韓国系資本)に配慮した形になりそうですが、自民党がこのまま政権を維持したとしたら、恐らくパチンコ産業というのは厳しい将来となりそうです。(政治は素人です。間違っていたらすみません…。)

それに加えてメーカーが、今のような開発、営業を維持し続けるのであれば、またしばらくの低迷は覚悟が必要でしょうね。

ユーザーの掘り起こしを、巨大CM戦略で誤魔化すようなやり方では先は見えません。

面白い機種を開発することは大切ですが、何よりホールが集客手段を失いつつある今、ホール経営に悪影響を及ぼし続けるようなやり方は避けるべきです。

ただ、これについては業界全体での英断が待たれます。市場主義に任せていくのもひとつです。アルゼのように、技術を世界に打って出る戦略もよいでしょう。ただ、1社だけではどうなるものでもなく…全体で考えなくては、と思います。

メーカーが合併を進めているのも分かります。筐体や販路、生産を共有化してコストダウンを図る一方、ソフト的な部分ではそのDNAを残す方法が現状では最も手が打ちやすいかも知れません。

それに、メーカーばかりを「悪の枢軸」としても駄目です。ホールもそう。特に新台の見際めを頑張って欲しい。やむなく導入、って台が多すぎやしませんか?抱き合わせ?

「カジノのようなスタイルは、日本人には合わない」「こうやって紆余曲折を経て、今までだってやってきた」なんて思っていたら僕は、本当に厳しいと思います。

正直、僕は勝てればカジノでもいいんです。でも、国がやることになったら、今よりもっと「取られ」ますから。それは間違いない。競馬を見ていればよく分かります。どっちを向いてるのか。審議の裁定ひとつにしても、ファンのことなんか考えてませんから。JRAプレミアなんて、あれ何%でしたっけ?1?もっと還元したっていいのでは?毎年毎年スタンド改修する金があれば、ねぇ。

いちファンとしては、このままではいけないと思うのですが、いかがでしょう?僕はカジノ法案そのものに反対です。それでも法案が通って、もし、大阪でカジノ特区が認められれば、清掃員でも何でも、僕はそこで働きますよ。そのほうが、きっと損得で言えば「得」ですからね…なんて。そんな簡単に鞍替えできませんよね。いわば「愛」のような…。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ザ・ブルーハーツ」に加えて欲しい機能

サザンのライブ「真夏の大感謝祭」を某動画サイトで堪能している落人です(WOWOWさん、ごめんなさい)。

落人とサザンの出会いは、さかのぼること2○年前…(あぁ、結構年くったな)小学校高学年の頃。自宅で発見したサザンの『バラッド』(←サザンのベストアルバム)からである。

共働きで、誰もいない自宅。

まぶしい輝きを放つディスクを、親父が購入したばかりのCDプレイヤーに入れて、ヘッドフォンをつける。

当時は、CDってのは指紋一つつけちゃダメだ、というふうに思い込んでいて…まるで、精密機械を扱うかのごとく、慎重に、やさしくCDをセットした記憶がある。

で、歌詞の意味なんかわからないクセに、いっちょまえに、歌詞カードを見ながら、こっそりヘッドフォンで聴くのである。ヘッドフォンで聴くのは、マンション育ちの悲しい習性…ってところか。

そんな風に一番最初の思春期は過ぎていった。

それから、中学生になり、自宅で過ごす時間は少なくなっていった。自宅で過ごすわずかな時間の中…ヘッドフォンはCDデッキではなく、こっそりビデオデッキで再生されるAVの音を消すためのものへと変わり、僕は部活や遊びだけじゃなく、文字通り、色々な事に精を出し始めたわけだが…

こんな話をしたからといって「僕は熱狂的なサザンファンです!」…というわけではない。それでも、結構好きで、昔はサザンの年越しライブ見たさにWOWOWに加入してた(財政的事情で、やめました。重ね重ねWOWOWさん、ゴメンナサイ)。

 

これを観ながら「あぁ…サザンでパチスロって出来ないもんかね?」と思ってしまったのだ。

こういう音楽モノをパチスロ台にするには、やはりART搭載で、ガンガンにライブを堪能しながら、気づいたらコインが増えてる~!!って感じになるのだろうか。

ちょっと考えてみて、ARTより、やっぱ7揃えてナンボでしょ!という事で…特殊リプレイなんかの契機役を境に、5G~10GくらいのRTに突入して、ライブが始まったらボーナス、で1曲聴ける…みたいな事にしたらどうか?とも思った。

もしくは、そのRT中はエロティカセブンが流れ…

「わ~れは、エ~ロティカ~~~~…」

「セブン!!!」で大当たり~~…。

次ゲームBETで「黒い悪魔がや~~って来て~~♪ハードコアな気持ちにさせる」と曲が続いてしまったら、バケ(黒い悪魔)確定演出。

 

ボーナス後50G以内のBIGはプレミアライブ映像か、その時しか聴けない曲を用意する。

そして、1G連のプレミア演出…

「みんなに~ 新年早々ですけども~ 報告します~~
 僕、原由子と結婚しま~~す~!!」

えぇ~…武道館LIVEでの結婚宣言を。

 

やっぱり、ライブ感を出すならARTか…。じゃあ演出は…?例えばART中。

規定ゲーム数ごと(100Gとか、200Gごとに)

「今、何枚?」

「そ~~ね、だ~いたいねぇ~~ぇ♪(液晶に獲得枚数表示)」

なんてのはどうだろう。

 

ART中のパンク役回避には、こんな歌を使ってみる

「(みんなのうた) あ~~かを止・め・ないでぇ~~」

…なんて考えてみて、ふと「777@NIFTY」を開いてみた。

そうそう、ブルーハーツが出てるじゃないか。ホールから離れていると、こういう事に疎くなる。

Photo

銀座から出た、この台は…こうなればいいなぁと思っていた事が実現しているじゃないか。ARTが出玉の主体っぽいのが残念だが、いやいや、システムを見ると、すばらしい。

目押しも不要、押し順だけでARTのパンクも回避できるわけだから、日々のお勤めで、集中力が若干落ちてきたはずブルーハーツど真ん中世代にもバッチリだ。

とはいえ、僕は残念ながらブルーハーツが特別好きなわけじゃなく…さらに、明日の生活費すら危うい身分なため、残念ながら、この台を旬なうちに触ることは無さそうである。

できれば、この台にもうひとつ機能を加えて欲しい(内規がどう…とか抜きでね)。

そう、イヤホンジャックの設置だ。うるさいホールでは、きっとブルーハーツの曲も聞こえにくいだろう。ぜひ、コアなファンのためにも、これをきっかけに好きになる若い世代のためにも…無理ですか?

プスっとヘッドフォンをぶっ刺して、ガンガンとヘッドバンギングでボタンを止める。もう、脳汁ダラダラなこと間違いないですよ。首の強化にもつながりますから(何のために?)。是非。

★もっと、演出の音が聞こえたらいいのに…って方はクリック!★

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ひきこもりオヤジへ Banner2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧