カテゴリー「競馬」の記事

ご挨拶 (おまけの有馬予想)

全く更新が滞ったまま(これ言うのも、もう何だか…)になってしまった2008年後半。

今年は(個人的に)駄目ダメな一年でした。

ともかく、今年一年ブログを訪問頂いた皆様、本当にありがとうございました。

長くお読み頂いている方には、本当にお騒がせしました…とお詫びもあわせて。

来年も、しばらくの間はパチ・スロには無縁の生活になるでしょうけど、いつかまた稼動の様子を紹介できるようになればいいな…と思っています。そうなるように、頑張ります。

世の中何だか大変なことになっちゃってます。少なくとも、僕が生まれてからの間では…就職氷河期以上の、相当な不況感です。今、色んな事情であまり良い状況ではない方も、いつか状況が好転することをお祈りしてます。僕の様子を想像いただいて、「あ~あんなヤツでも生きてるんだしな」と思っていただたなら、幸いです。

最後に、有馬記念(苦笑)

毎年ドラマが生まれるこのレース。「まぎれ」が生じやすい条件が重なってますよね。語呂合わせや世相馬券なんかが楽しめるのも、このレース独特。

一番強いのはダイワスカーレット。中山実績から言うとダントツでマツリダゴッホ。

もう、色々考えると大変。ペースとか(早くなるだろうし…)、位置取りとか(有力どころは前)、枠とか…考慮すべき点はいろいろあるけど…面倒なので…

ダイワスカーレットが軸で、マツリダゴッホ、外国人騎手騎乗の3頭(フローテーション、アルナスライン、スクリーンヒーロー)。これを馬単(ウラも厚めに)、あと3連単軸1頭マルチで。

こんなんでどうでしょう?

前々で潰しあいになって…案外後方待機のとんでも穴馬が飛び出してくるかもしれませんけど(苦笑)

さて、今から嫁様を説得してウインズに行けるかな?

みなさん、よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その差2cm!史上最高の天皇賞(秋)

2cm あ~~興奮した。写真は分かりにくいですが、最後のコール前。着差はわずか2cmだったそうです。(PCの方は写真をクリックしてもらうと、拡大表示されると思います。)

このレースに参加しなかった事(=馬券を買わなかった事)を後悔しましたよ。何だか、レースを見終わっても興奮が収まりませんでしたね。見てるだけでもこれだけ面白かったのですから、馬券握って東京競馬場にいた人達は本当に幸せですよ。

ダイワスカーレットを頭に馬券を購入した皆さんにとっては、何とも悔しすぎる結果でしょうけれども、レースとしてはまさに史上最高の天皇賞…いや、天皇賞に限らずとも史上最高のレースと評しても良いのではないでしょうか…。

僕は親の影響で、競馬を小学生の頃から観始めまして、馬券を買い始めてからだと、まだ15年に満たない程度の人間ですが…今まで見たレースの中でも、もう最高にすごいレースでした。

すごいレースってことで、リアルタイム(TV等含む)で観たレース限定で、個人的に強く印象に残っているレースTOP10を挙げてみると、こんな感じでしょうか。皆さんのベストレースと合致しますか?

■1990年有馬記念 オグリキャップ引退レース
子供心に深く焼きついたレース。「オグリ1着!オグリ1着!」の実況が耳に残りましたね。

■1995年天皇賞(春) ライスシャワーまさかの3コーナー先頭から復活勝利
初めて馬券を(…誰にも内緒で)買った時の馬、それがライスシャワー。メジロマックイーンの春天3連覇を阻止したレースで単勝をGETしました。それだけに、思い入れが深かった。この頃はとにかく好きな馬の馬券を買う…そんなスタイルでしたから、ライスには痛い思いをさせられました(苦笑)。だから、この復活レースは嬉しかったですね。写真判定が長かった(汗)。

■1995年川崎競馬 エンプレス杯ホクトベガ伝説の18馬身差
泥んこの馬場で、ただ1頭次元が違うというか…ゴール板にフォーカスされていたカメラが、ホクトベガが入線後に後続を待ちきれず振り返るという、すごいレースでした。

■1996年阪神大賞典 ナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ち
こんな漫画みたいなマッチレースがあるのかと、すごく印象に残っています。単純にレースとして見たら個人的には最高のレース。このレースでようやくナリタブライアンの事が好きになりました(苦笑)。

■1998年金鯱賞 サイレンススズカ1秒8差の大差勝ち
これは呆気にとられながら見ていたレース。確か、パチパチパチ…と観客に拍手されながら直線走ってるんですよね、このレース。この後の毎日王冠がサイレンススズカのベストレースと評されることが多いですが…僕はこっちの方が好きです。

■1999年有馬記念 グラスワンダーとスペシャルウィーク4cm差の激闘
年越し用の金を全額スペシャルウィークに突っ込んで…わずか4cmで消えたレース。ミレニアムを盛大に迎えるはずが、年末年始の予定をすべてキャンセルし、自宅で引きこもるしかなかったという(泣)。鞍上の武豊さえも勘違いしてしまうほど僅差のレースで、今では完全に「名勝負」の代名詞みたいになってますよね。馬券がらみで一番思い出深いレースは、このレースです(号泣)。

■2001年ジャパンカップダート クロフネ脅威のレコード勝ち
これもサイレンススズカと同様、呆気にとられながら見ていたレース。7馬身差もさることながら、驚異的なレコードタイム2分5秒9は、ウイングアローの記録から1秒3も速い!これにビックリしました。世界に羽ばたく姿が見たかった。

■2003年マイルCS デュランダル
…これは、完全に個人的な思い出レース(恥)。今までは好きな馬をとことん追うスタイルだったので、万馬券などとは無縁。ところが前年に3連複と馬単が導入された影響で、この春から買い方を変え始めて…ついに念願の万馬券GET。ギャラントアロー(3着)とファインモーション(2着)の2頭軸からデュランダルへの3連複で34,480円の配当という馬券で、一緒に観に行った友人数名にふぐを振舞ったという(恥)。あぶく銭は一夜で消えましたが、良い思い出です。

■2005年菊花賞 ディープインパクト無敗の3冠馬誕生
天皇賞(春)の3コーナー先頭で圧勝…こちらの方がディープの凄みが出ているかと思うんですが、感動したのはコチラ。とにかくあのレースは1周目の4角~直線でものすごく掛かってしまい、僕はもうダメだ!と思ったんです。それで勝ってしまうんだからすごいですよね。

■そして、今回の天皇賞(秋) わずか2cm差でウオッカがライバル対決を制す!

…一部のレースは完全に個人的な思い入れですが、ベスト10で言ったらこんな感じですかねぇ。それにしても、1990年代は熱いレースが多かった気がします。好きな馬をとことん追いかけていた、これも影響してるのかな?今は完全に馬券的な見方から入りますからね。だから、馬券を買えない最近は競馬熱も冷めていたのですが、今日は久々に感動して、思わず長文記事になってしまいました。本当に良いレースをありがとう、ですね。

★よろしければ、ポチっと応援クリックをよろしくお願いします!★

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ひきこもりオヤジへ Banner2

■■■↓↓↓ 転職活動の様子と、ニュース批評は、落人の裏ブログで ↓↓↓■■■
 無職再生工場 「無職だって、語りたい…そんな男のニュース批評と日々の暮らし」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

天皇賞(秋)と、春菊と、スロットの話

この2週間、体調不良及び就職活動で全く更新する気力が起きませんでした。もっとも、『潰し屋』以外にネタが無いのが原因ですが…(´Д⊂

■競馬の話
 去年のこの時期、競馬予想で随分盛り上がってましたね。今年は馬券を買う機会が殆どないので個人的にも全く盛り上がりません。一応予想をしてみたものの、熱が入らないですね…馬券を買わない人間の予想なんて、全くもって信用度ゼロですしね。ただ、こういうときのほうが邪念が入らずに当たったりもします(;;;´Д`) そして、後で悔しいという…。

 天皇賞(秋)。本命は…どうなんでしょう?消去法でウオッカ、となるんでしょうか。

 密かに心に想い続けたのはドリームジャーニーだったんですが…悲しいかな、大外17番枠。差し馬なのでそれほどのハンデにはなり難いかと思うのですが…やはり、位置取りに苦労するかな…と。小さな馬ですし、外、外を回らされて距離をロスしたら…一瞬抜け出す脚に差が出そうなんですよね。

 カンパニーも考えたんですが…これも1着は厳しいかと。前走、毎日王冠の上がり3Fは33.2と優秀ですから、相変わらず好調なんでしょうが…。横山典の好騎乗に期待です。

 もし、順調なら断然ダイワスカーレットなんです。僕はウオッカとダイワスカーレットの勝負付けは済んだと思ってます。ただ、今回は東京コースで久々。ダイワスカーレットに有利な条件が一切ないんですね。やはり、久々では最後の1ハロンで息が持たないと。

 ディープスカイは、どうでしょう?対抗に推したいですね。本命にすべきはこちらかも知れません。ウオッカの不安定なレースぶりを考えると、こちらを軸にしたいところです。マイナス2キロのハンデもありますし、東京コースは得意でしょう。ただ、ウオッカも東京は得意中の得意。比べたときに、決め脚の差でウオッカに軍配が上がる気がします。
あと、近年において種牡馬としての価値を考えたときに、1600m・2000m・2400mのG1を3勝しているという事は大事だと思うんです。ただ、やはり近年の3冠戦軽視の流れは悲しい。もちろん、初勝利までに6戦を要したことが影響した春の過程や、距離適性を考えた上での挑戦だということは理解したうえで、それでもダービー馬が出ない菊花賞に、悲しさを覚えた人間として…ここは、歴戦の古馬達にひとふんばりを期待したい。「まだまだ、オマエには早いよ」そういう先輩馬の意地を見たいですね。

 と、いう訳で消去法で一番消す材料が少ない(…ディープスカイに関しては、ただの個人的思い入れですが)ウオッカが本命です。しかし…ここにきて、今年の名手武豊が一番の不安材料となりうるとは…。今年は3月のファルコンS以来、重賞戦線で勝ちきれないレースが続き、G1もフェブラリーSで勝ちましたが、メイショウサムソンで2着続きと勝ちきれない。脅威の新人、三浦皇成に10月であっさりと新人最多勝記録を更新されてしまうなど、何だか今までの豊らしくない。人間は良い流れの時もあれば、悪い流れの時もあり…このレースでそれを断ち切れるか否か、今年秋のG1戦線を占う意味でも重要なレースになると思います。

 あと、アドマイヤフジは善戦まで、アサクサキングスは距離が足りない(切れ味勝負には足りない?)…ということで3連単の3着までかなぁ。以上、天皇賞コーナーでした(;´д`)

 

■最近の事
 面接等のお話は、何度も誘導してますが(;´Д`A ``` 裏ブログ(無職再生工場)に詳細を書いてますので、気になるかたはソチラへ(ホント、こっちも面白いと思うんですが…なんせ、毛色が違うんですよね、コッチと)。 体調が思わしくなかったのに自分でビックリしたんですが、ある日突然肩がバリバリに張って、そこからひどい頭痛への連鎖。2~3日まともに動けないほどグッタリしてしまいました。

 ベランダの大麻…じゃなくて(苦笑)春菊が順調に成長を続けてまして、この度サラダ用に育てていた二十日大根とベビーリーフを全収穫して、本格的に鍋の時期を迎える前に春菊パラダイスにしようと試みてます。ま、どうでもいい話ですが(´・ω・`) 
 春菊って、売ってる日でかなり値段が上下するんですね。冬場で安い日だと100円とかでもあるんですけど…ちょっと天気が悪い日が続くと、シナシナの春菊が298円とか! 天気が悪い日こそ、鍋で温まりたいじゃないですか。なのに、そりゃねぇだろ!!っていう。 それに、ああいう香りが強い葉物野菜は、採れたてが抜群に美味い。 …………ま、どうでもいい話ですが(´・ω・`;)

 『潰し屋』のネタ、脳内では溜まってるんですけどね…とにかく、文字におこすって作業がとても大変。仮に、仮にライター業のような仕事が出来るとしても無理ですね、これじゃ。趣味でブログが限界のような気がします。こういう作業は好きだと思ったんですけどね。今の第5話まででも、かなり不満です。表現の仕方が雑すぎて。

 

■パチスロの事
 10月は、ついに3回も5スロに行っちゃいまして。計1万円ほどプラスになりました。結構勝負になってんじゃないか、と。投資額もスズメの涙程度ですから、ホント気楽なもんですけどね。一度、戦国無双でRUSH中にハメ倒してやりたいんですが…5スロでもアイツとの相性の悪さは全く変わりませんね。まずボーナスが引けません。ええ。

 5スロでも人気台は変わりませんね。肉・エヴァ(まごころ)・ジャグです。この3つは不動の人気ですね。最新台はなかなか5スロには入りませんから、これは納得です。約束の時が出てからは、あえてまごころを打ちに来ているんじゃないか?というような若者もいましたし。どうやら、他の人の感想などを聞いても、あの出目の秀逸さから言って、前作の方が良かったという評価で落ち着きそうですね。ただ、私落人、まだ約束の時を1回も打ってませんから( ´_ゝ`) どうのこうの言える立場にない、って事です。ハイ。

 5スロで楽しいのは、レア台…というか、希少台と結構出会えること。もちろん、無駄な金は一切ありませんから、せいぜい浮いたコインで200~300ゲーム程度遊んでみるくらいなんですが、この前行ったお店では夜勤病棟(エロゲー移植)とジャンジャン飯店(1ライン機)を目撃しまして。悩んだんですが、結局横にあったドカベンを打ちながら、夜勤病棟をガン見するというヘタレ振りを発揮。そしたら、ドカベンで4回くらいBIG引けて、500枚くらい上乗せ成功したという…。その浮いた分はしっかり戦国無双で消えました。ええ、一度もボーナス引けずに、ですが何か? 個人的には、5号機になってすっかり陰が薄くなりつつある沖系機種のラインナップを強化して欲しいんですが…(南国娘とかでなく)。告知系のAタイプでダラダラ遊びたいなぁ。

 というわけで、この前引いた「ベタだけど、僕が大好きなエヴァまごのリーチ目」の写真2枚を添えて、今日の記事は終了にしたいと思います。もう、おなじみすぎて新鮮さゼロですが…。

Photo  

はい、ベルはずれです。

これは…第3停止でビックリパターン。『潰し屋』第5話でも書きましたが、残念出目のはずが突如歓喜へと変わるという、ラブリージャグラーのブドウはずれ(グレープがズレて『ズレープ』なんて読んでるライターさんがいたっけ…)に通じるものがあります。エヴァまごの場合、演出がまた普通~~な感じだったりすると、余計喜びも増します。

ちなみに、こういう出目の時、僕はかすかに声が出てしまいます。「クワッ!」とか「ウフォ!」とか(苦笑)。恥ずかしいんですけど、確実に声が出てますね。周りの人が見ますから、僕を。普段責められないところを責められて、思わず声が出てしまう…そんな下ネタみたいな話はいいか(;´д`)

  

 

 

 

Photo_2

はい、続いてリプレイ上段テンパイハズレ。

斜めにテンパイして、右リール下段で「あれ、これ入ってるよね?」っていうのも好きですが、あれは滅多に出ませんから。普段お目にかかるのはこっちですよね?

青7確定ってのも嬉しいのですが、何よりその意外性。リプレイってのは小役において最も残念(リプレイ重複のある機種は除いて)な役だけに、それが一瞬にして否定される喜び。これも演出が平凡なほどビックリ度が増して、感激な訳です。

 

 

エヴァまごは導入以後、朝イチの台争奪戦でことごとく失敗する日々が続き、悔しさまぎれに硬いレバーを強打することで拳と心を痛めてトラウマと化しておりましたが、少しだけ心が晴れました。本当は赤7狙いをやめて、面白ポイントをガズガス狙ったりするのも、楽しめるんでしょうね。

では、また来週…ってことで。

 

★↓↓↓ 応援クリックをぜひ宜しくお願いします!コメントもお気軽にどうぞ~  ↓↓↓★

にほんブログ村 スロットブログへBanner2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もうしつこいけどジャグラー考察、そしてユキちゃんを見て「白星」を願う

落人です。更新頻度が激減です…理由は言うまでも無く、稼動してないから。

今週がロスタイム勝負だ~~などとほざいておいて…情けない感じですが、必勝でなくてはいけないので。慎重です。そう言ってるうちに給料日&ボーナス日も近いので、本当に25日くらいまでに勝負は決しそうです。

この数日、いろんな台のスランプグラフを見て「波の傾向」を調べてました。

またオカルト?またジャグラー?という方は、一番下まで進んで「今日のニュース」でもどうぞ…(苦笑)

で、例えばジャグラー(やっぱり…)。夜攻略が一番手堅い手段として一般的ですが、どうもスランプグラフを見ていると、夜攻略にも疑問、というかかなりの不安が…。

 

『北連(ジャグ連)』

ジャグラーの出玉の殆どは、あの「北連(ジャグ連)」が作っています。例えば3000枚程度の差枚が出た台。もちろん、データ的にはバッチリ6(or5)なんですが、3000枚の内、2000枚分くらいは北連で出ている。

朝から1000~2000Gくらい回った後に、1000Gくらいの間でガツンと一気に出玉を伸ばして、そこからモミモミの下皿プレイが3000Gくらい(これ、想像したら吐き気するね…)。そして終盤また伸びてきたかな~と思いきや、失速、閉店。そんなパターンが多い。

結局、伸びた後に延々と下皿プレイが出来る台は優秀台なんだ、って改めて思いました。5と6の境目(アイジャグ限定)はブドウ確率なので、スランプグラフを見るとよく分かる。ボーナス確率が1/130くらいでも、コイン持ちに差が出るから、5は若干出玉を減らす(グラフで言うと、微妙に下がりだす)。6は出玉を減らさず推移する。

で、後半の爆発ポイントは6000Gを超えたあたりが多い。耐えに耐えた台が、何かのキッカケに再び息を吹き返す。でも、波は短く大体5連くらいで終了。

だから、夜に高設定の空き台狙い…というジャグラー攻略の王道は、6000Gを超えたあたりからの「もうひと伸び」にかかっている訳ですが…例えば、朝から掴めた人が夜8時まで回してたら、ほぼ閉店まで行っちゃう訳で…。 (交換・帰宅による)客の入れ替わり時間は夕方5時~6時あたり。そのあたりで良い台を押さえないと駄目。更に、そこからの「もうひと伸び」までの忍耐力と軍資金が必要な訳です。

結構投資が嵩んで、ひと伸びが終わったのに「あとちょっと欲しい…」で自滅パターンが多いのはきっと僕だけじゃないでしょう…。

しかし、安全策で夜9時からの勝負では、1日の日当としては足りない。更に負けるパターン、空き台無しなパターンも考えたら…やはり毎日出勤しても、月5万程度が妥当な線でしょう。これでは…ねぇ。

 

『北連の後に、北連は無し』

『ハマリの向こう側』

北連の後に北連は無し…ってのは結構当てはまる。1日に2回のビックウェーブはないよ…ってジャグ打ちの「格言」的なオカルトですが、確かにそう。特に設定6以外の台でも、1日に1回は必ず見せ場がやってくる。でも、そこで必ずと言っていいほど終了。このハマリを超えたら…なんて期待して、やっとこさBIG1発。んで、あっさり200Gで飲まれて終了、ってパターンが多い。

逆に言えば5000枚クラスの差枚が出ちゃう台ってのは、そこを振り切って出る。あと、ハマらない。だから、ボーナスの合算が1/110~1/100くらいで落ち着く。よって、北連が既に発生している台はどんなに合算が良くても危険。それがたとえ6でも。大体、6でも1日で1000枚程度の差枚なんてザラです。過度な期待は禁物。

あと、ハマッた後の連チャンもジャグ打ちには有名ですが…個人的には『ハマリの後』を期待するならば…某雑誌で推奨してるハマル前は合算4(できれば5~6)以上の台で400G以上のハマリ台を…って作戦は正解だと思いますが、説明が足りないというか、ハマル前に4連続以上の1粒(100G以内)連があった台は駄目(本日はもう終わってます)…という事も付け足すべきだと思いました。

 

『ヒキ強の4』

これも結構言いますけど、これは序盤戦で多く見られる。BIG10のREG1で合成確率が1/120くらいの台が昼頃に落ちているときがありますが(もちろん、こんな台怖くて打てません)…たまに、6でもBIGが大幅に先行するときがあります。そんな台は、大幅に伸びる台。でも、6でこれは打ってて偶然ってパターンが多いですね。大体の人はREG確率で設定推測するんですから、いいところで「これは無いな…」となります。

最近はラブリージャグラーやジャンキージャグラーも台数が増えて、BIG偏重タイプの恩恵を受けた方も多いでしょう。設定4でも3000枚!!なんてのは正にラブとかジャンキーのヒキ強ラッキーパターンですね。

でも、究極「ジャグラーはヒキ」だけの台ですから。ぜんぜんアリじゃないでしょうか。不思議と、こういう台はBIGに寄ったままですし。僕はヒキ弱いから打てませんけど。

 

『バケ(REG)先行台』

特に合算は6程度なんだけどなぁ…って台に限定して話しますが(これ、グラフで見ると本当に細かいギザギザの線で微妙に下がっていくという…悲惨な感じなんですが)、よくよく調べてみると…なんでか、アイジャグでは5が多い(6でもありますよ)。いや、確かにアイジャグの6は5より若干BIG確率がいいですからね。分かるんですが…いずれにしても、BIG20のREG40なんて悲惨な台を見かけたら、手を合わせて合掌、そして見送りましょう。手を出しても無駄、1日その流れは引き継ぎます。

補足ですが、ジャンキーでBIG、REGの回数が一緒くらいの台も、設定5でした~なんてパターンが多いですから。ジャンキーの良い台(6)は、素直にBIGがついてきます。ジャンキーに関しては、朝から6が打てた場合、本当に安定して3000枚くらいは出てますね。アイジャグの6が上は6000枚、下は0枚とものすごい幅の差枚数でしたが、ジャンキーは6だとほぼ上で6000枚、下で2000枚程度です。勝率、コイン持ち、万が一の保険(BIG確率が高い)を考えたら、ジャンキーで攻めるのがいいのかも。大体、アイジャグでブドウを数えても、終日打って分かるか否か…って感じですから。同じ台を終日打ち切ってたら、ブドウカウントしなくても勝ててるでしょ…。

 

まぁ…なんて偉そうに書いてきた本人が負けてるんですから。説得力が無い。ただのオカルトにしか聞こえん。ただ、ジャグラーではそんなに負けてませんよ。今年の勝ち頭もジャグラーですし(←オマエ、ジャグしか打ってないじゃん!)。

それにしても、ジャグラーって、自分で出した!!って感じがしないのは僕だけでしょうか?いつも「何かに支配されている感じ」があって、そういう流れというか、波の中に乗っかってるだけっていう。ああ、今日は出たなぁって具合に。出した!じゃなく出た、なんですよね。それに比べてリンかけとか赤ドンとかって、出した!!って感じがしません?

しかし、スランプグラフってのは機種の特徴をよく表してまして。サンプルが多ければ多いほど傾向が顕著に出てきます。

マッハGOGOGO2とか、赤ドンとかは気持ちイイ(あ、キモティ~)感じの急勾配な階段型ですね。

ART中は横ばいからやや上昇…でボーナスで一段上るって感じ。

肉は…もうガッタガタ(笑)。何山脈ですか?って感じで…。もう、個人的に肉はいいかなぁ。お金に余裕のある方が楽しむためのスロですね、あれ。

後は、やはり…というべきか青ドン。こいつもすごいガタガタなグラフです。ホント、アルゼ系の連チャンも意味分からんね。

あと、ボーナス種類が多い台もガタガタ。逆にボーナス種類が少ない台もガタガタ。

各メーカーが、意図した連チャンは駄目ってことで、荒波が発生しやすいような設計にしている事は分かってきてますが、あれは個人的には余計だと思うんです。大体マイナスの影響が多すぎて駄目。パチスロ離れを加速させてます。

 

と、いうわけで…もう日付変わって朝方ですが(不安でよく眠れません)、明日のイベント…強めの6投入イベントがあるので期待してます。「全機種全台の1/3がアンコウ」を2日間…ってイベント。でも、これを真に受けたら駄目。死亡ですから。例えば赤ドンはHじゃなくて、あくまでアンコウの6ですから…この店。

ある意味、ねらい目(だって、騙しの6なら入りやすいでしょ)?? なので、入場抽選で狙い台が取れたらOK、駄目なら帰宅です。

だたし、この店、機種ラインナップが微妙なんですよね。それに無双とか、2027とか、パワフルアドベンチャーが1/2で6でした~~なんて言うのばっかだし(いや、結果的に出てるんです。出玉はすごい)。

やはり、しばらく打ち込まないと分からない台や、まぐれがある台、はたまた「事故」で客が大損害(2027で引き弱MAXとか)って台にしか、店も6は入れられないってこと?

 

そんなこんなで、今日の心に響いたニュースは「ユキチャン、白毛馬初の重賞制覇」です。

Yukichan

最近競馬もご無沙汰なんで(G1は見てますけど…)、今まで知らなかったんですが、ユキチャンって、あの金子真ホールディングスの持ち馬だったんですね(勝負服見て気づいた…)。ディープインパクトの馬主さんです。いやぁ…見る目があるっていうか。すごい。血統的にも母のシラユキヒメ(白毛)が4戦2勝、父はあのクロフネですから、今後の活躍が期待できそうです。

昨日の川崎競馬、関東オークス(G2)は何と何と8馬身差の圧勝。武豊をして「お父さんに走りが似ている」と言わせるユキチャン…。このままダート路線で行くのかな?がんばって、ただのアイドルホースじゃなく、実力も兼ね備えた「美白の女傑」になって欲しいです。

ユキちゃんにあやかって、明日はでっかい白星…ほしいなぁ。

それでは、明日にでも燃え尽きて真っ白になっちまうかもしれない落人のブログ、今日はここまでです。

まだ、打ちたいんや!!応援して~や!!人気ブログランキングへにほんブログ村 スロットブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (2)

さぁ、ダービーですよ

…とは言ったものの、あまりわくわくしない今年のダービー。

それはスロの状況があまり芳しくなく、

サラリーマン時代のように「週末の密やかな楽しみ」って訳でもなく、

さらに今年は「混戦ダービー」だから、いわゆる応援馬券的な肩入れも出来ないって訳で。

 

と、いうわけで現時点での予想。

◎サクセスブロッケン

これはもう、無限の可能性を信じた…ってことで。こういう馬、あっさり負けるパターンが多いんですよね。ただ、今回のサクセスブロッケンの場合は「脚下が弱かった」という理由でダート戦を意識的に使われた…ということ。芝の適正については疑問ですが、芝コースからダートに入るレースのスタートでも問題なかったようですし、ここでいい勝負できるようなら、この世代の1番星になれるかもしれません。アグネスデジタルの例もあるしね。

 

○マイネルチャールズ

堅実ですよね、この馬。不安は左周りと、騎手。騎手に関しては失礼な発言かもしれませんが、ダービーってのはやはり歴戦の猛者達であっても普段どおりには騎乗できないもの。レース中に目標が見つかればいいのですが(位置取りやペースなどで)、ダービー独特の雰囲気に飲まれてしまうかもしれません。という訳で対抗。血統的には何ら不安は無い(むしろ伸びてよし)でしょう。馬券の軸としては堅いかも。

▲ブラックシェル

人気が落ちている今回が勝負です。どうか思い残すことなく、大胆に乗って下さい武豊様。調教は超ハード。松国厩舎仕込みですから、文句なしでしょう。このレースに賭けてます。距離うんぬんの問題もありますが、クロフネ自体もダービーでは好走しましたから。これは馬券的においしいって事で(有力馬に武が乗って、これだけ人気しないのは逆にチャンスでしょ?)。ただ、実力としてはディープスカイの方が現時点ではハッキリ上だと思います。展開と、ハード調教が味方するか否か…ですね。

 

△ディープスカイ

う~ん。どうなんでしょ?勢いは文句なし。結構本命に推されていますが。コース適正は○ですから…でもね。何か買う気がしないんですが、アッサリがあってもおかしくないですね。本来なら、間違いなく◎(本命)ですね。強いですから。毎日杯といい、マイルCといい。それでもおとなしく本命に出来ないのは単純な「予感」といいますか。しつこいですが、順当に行けばアッサリ勝てる気がします。

 

×アドマイヤコマンド

キャリア3戦での出走。前走でシュミレーションもOKってことで、なにやら怪しい雰囲気が漂ってますが。川田騎手が別馬で春クラシック2冠!!なんて事もあるんじゃない?一発やってやろう、って気持ちがありそう。馬主に萎縮しなければ(苦笑)ね。

 

☆クリスタルウイング

藤沢雄厩舎、念願のダービー制覇へ…って今年はちょっと足りない感じですが、この馬も前走青葉賞でシュミレーション完了です。しぶとく3着あたりへ飛び込んできそうな感じもします。

 

他にも気になる馬がいっぱいですが、こんな程度で。

馬券はサクセスブロッケンの単勝と、3連複の6頭BOXで(当たればそれでいいのか?)。ただし、オッズ見て変更するかもしれません。また、予算の都合で3連単にするかも(100円単位で夢見るにはそれしか無いでしょ?)。また、時間があればアップします。

みなさんはどの夢、買いますか?

個人的には、このレースで自分で展開を作って、上位に食い込んだ馬を今後注目して見て行きたいと思ってます。ダービー2着馬って、出世してません?そんな楽しみもあったりして。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

不可解なことが多いです

落人です。

最近サボリ気味ですが、ポチっと温かく見守って下さい…。 人気ブログランキングへにほんブログ村 スロットブログへ

落人は世の男性(性別は関係ないか…)と同じように、そりゃ~~あ、もう、類を問わず「スポーツ」が大好きでして。

プレイするのは特定の競技以外からっきしダメなんですが、観るのはいつまででも観ていられます。

って訳で先週も様々なスポーツイベントがあったので、そこから2点ほどマジメに振り返ってみたいと思います。

…ん(゚ペ)?? パチスロの話題はどうしたって?

それは後半で…。

 

まず、大相撲。琴欧州の優勝…ではなく、千秋楽の横綱対決について。

個人的には、ああいうのは好き。

品格うんぬんも大事でしょうが、やはり勝敗やライバル関係…相撲の取り口も含め、いわゆる競技の部分が大切だと思うので、ああいうのは来場所に繋がる(遺恨を残す…といいますね、普通は)からOKでしょ。

ただ、言い訳はもっと上手にしないとね。

「こちらも必死で、手をついているのが見えなくて、押し出そうとしただけ。」

って言っておけばおとがめ無しだったのに。

対する白鵬はカチン、と来たんでしょう。北の湖理事長が「(朝青龍は止まれない、後で反撃した)白鵬が悪い」といった趣旨の発言をしていましたが、それもどうかと…。

朝青龍を悪者にすると、後でややこしいから白鵬に押し付けておけ…といった考えが見え隠れする感じで、白鵬が可哀想ですね。

とにかく、事あるたびに「品格」と口にするのはやめて欲しい。もう、そういった「神事」としての相撲の役割はとっくに終わっているのだから。特に海外出身力士は相撲を「日本の伝統的な格闘技」としか思ってないはず。

そんなに大切ならば、鎖国しちゃえば?外国人力士は無し、って事で。

普通わからんって。他国の文化を理解しろって言っても、簡単には解らんよ。

いわゆるスポーツマンシップでいいのなら、品格なんて言わないでしょ?

それにしても、朝青龍の振る舞いは相変わらずだけど、本人が直せない(いや、直す気が無い)のならば、自ら商品価値を下げているようなものだし、自傷行為と変わらないのだから、別にいいのでは?誰かがとやかく言う問題では無いと思うのですが…。もう、ちゃんとヒールとして認めて。それで良くないですか?

それでも…というならば、内館牧子に頼んで「大相撲で必要な品格」を明文化しておけば?とも思う。それを破ったら、コレコレこういうペナルティがありますよ、という事も合わせて。

とにかく、あまり良い方向ではないにしろ、大相撲が再び脚光を浴びているのは朝青龍の存在が大きい。部屋の内部でのよく解らない事件は別として、土俵の上は透明度100%だから、熱くなって睨み合ってもいいでしょ。

これで来場所の千秋楽が盛り上がるのは間違いないんだから、結果オーライって事で。2人とも許してあげてほしい…って話でした。

 

続いて競馬のオークス。

池添騎手が騎乗停止になりましたが、トールポピーの降着は無し…という不可解裁決でした。暇なもんで、パトロールビデオを繰り返し見ましたが…微妙ですね。

正直、降着処分が妥当だと思うんですが…。

カワカミプリンセスが降着になった時は、不利を受けた馬が立ち上がる程度までいってたと思うんですが…今回はそこまでは行かずとも、影響を受けた馬が4頭(オディール、レジネッタ、ソーマジック、マイネレーツェル)もいましたしね。

矯正しようという行為が無く、むしろ意図的に内へ内へと切り込んでいったわけで。

いったい何が基準でそうなるのか…という感じです。

個人的には一番内にいた武豊騎乗のマイネレーツェルが一番影響を受けたように見えましたが、そこはあまり取り上げられていないんですよね。一番スピードに乗ったときにストップがかかって、外に持ち出そうとしたときに、さらに斜行の影響を受けた他馬がヨレて、進路をさえぎってますからね…。横から(スタンド側から)の映像ではそれがハッキリわかります。あれが無ければ、5着以内はあったと思うんですが。

 

今回の場合、降着無しの騎乗停止ですが、そういった「基準」はどこにあるんでしょう。

「走行妨害は被害の度合いの問題。制裁は動きの問題」

というJRAの小林審判部長の話でいけば…

 

池添騎手の動きは危険な行為だが

4頭の被害は少ない(着順に大きな影響は無かった)

 

という事なんでしょうが。

被害の度合い、と言いますが、コンマ1秒よりも短い差を競う競技で、着順に影響が無いような斜行があるのでしょうか?それも、今回は4頭が被害を受けています。1頭ずつの着順への影響が少ないとしても、4頭分合わせた場合は、レース全体へのインパクトが変わってくると思いますが、その部分は考慮されたんでしょうか?

動きの問題、という部分もおかしいのでは?

例えば、最下位の馬が騎手の意図的な行為によって蛇行したりしたら、騎乗停止になるんでしょうか?その辺のルールは知りませんが、動きの問題だとしたら、これも制裁対象になるはずですが…。どうなんでしょう?

とにかくスッキリしないんです。

 

例えば昨年の天皇賞(秋)、コスモバルクの「悪癖」に驚いたエイシンデピュティが大きく外に膨れてしまった際、柴山騎手はボロクソに叩かれました(同じ騎手仲間から)。

あの場合は、コスモバルクが直線でヨレるのは有名で、なるべく近づかないのが騎手の間での定石となっていたのに…という伏線があったんですが。

それに対して池添騎手に対しては、安藤勝騎手が「あれでセーフなの?」というような発言があったようですが、それ以外は「残念です…」といったおとなしいコメントばかり。

お金を賭けることで競馬に接する側が聞くと「お前ら、ふざけんな」って感じがします。

あの状況(被害の程度で言えば…。それに、トールポピーが一番伸びていたのは事実)で降着にしにくいのは解るし、オークスといったレースの格から言っても難しい問題だとは思うんですがね。

過去の降着があったレースと比べても、どうも納得がいきません。

色んな力が動いた、とは思いたくありませんが。

一番可哀想なのは、トールポピーです。馬の力は示せた訳ですが、何だかせっかくの勲章が…。これは秋のレースで陣営が本当の力である事を証明するしかないですね。

今回の降着騒動、みなさんはどう思います?

 

というわけで延々と書いてきたわけですが…

スロの話題にちょっとだけ触れておきます。

今週、給料日明けの週という事で過酷な週ではありますが、イベントの内容次第では出撃したいと思います。

というのも、サミットの影響で今週が新装ラッシュになりそうなんですね。

しかも、今回入れた台はサミット期間中にしっかり主力として使っていくはず。

となれば新装でごっそり抜いてくる可能性は低いはず。ある程度出玉を見せておかないと客が飛びますからね。

今週出撃するには、そういう狙いがあります。

ひょっとしたらパチンコメインの稼動になるかも…スロの新台は、目ぼしいのは夢夢しかないもんね。

実は、今日ジャンキージャグラーで800ハマリの台を見つけ、過去の経験から800~850はアツイ(もろ、オカルト)という事で1K投資から見事チッカリと光ってしまいまして。

そこから6連続の一粒連。その後しっかりハマリましたが、何とか自制して止めて、とりあえず12,000円程度勝ちました。そろそろヒキも溜まってきたのかな…なんて思ってたりして。

もう、負けたくないし、負けられないので…ちょっと本気モードで闘ってきます。

本当はエヴァの甘デジタイプが打ちたいのですが、勝負台には足りないので今回は自制します。あ、慶次も(苦笑)。

朝イチのキン肉マンは打ちたいですね。下げリセ狙いが本当に有効な立ち回りなのか確かめてみようかな…。

実戦記の復活も間近です。

負け日記が好きな人→人気ブログランキングへ 負け組を脱却する落人が見たい人→にほんブログ村 スロットブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (4)

700万馬券的中を目撃 桜花賞

やりおった~~~~!!

関西地区ではおなじみの「サタうま!」である。

シャンプーハットのてつじが、13番ソーマジックを軸に3連単マルチで

9・11・12・14・15・16・18と流し、12600円投資で的中させたのだ~~!!

 

もはや、この番組は「神」である。

毎年100万馬券を鮮やかに的中させる。

大体、予想レースが東西どちらかのメインのみだから、年間50レース程度だ。

投資額は10000円前後。川田・奈々・辻本・小出水・てつじ・ゲストの各パネラーが買い目を発表する。

昨年の皐月賞でも162万馬券を当てており…

とにかく、誰かの予想を固定で買い続けていれば、年1レースの的中で、そっくり200%以上の回収率になる。

番組全体の回収率が気になるが…今回の700万回収で確実に100%超えしただろう。

サタうまのメルマガ登録は携帯で簡単にできる。

みなさん、今からでもどうぞ…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

久々の赤ドンで悶絶出目(おまけの桜花賞予想)

4月11日(金)

落人のよく通うホール、「準ホーム」が月に1~2回開催の不定期イベントを実施する日だ。元々信頼度は高いイベントなのだが、今週の大型新装後、ずっと開けっ放しの日が続いていたので、これ以上の還元があるのだろうか不安になっていた。

それでも、金曜日なので他のホールに行くよりはずっと勝率は高そうだし、1時間以上の並びに耐える価値はありそうだ。

新台のキン肉マンで一発ツモ、が「ネタ」としては理想的だけれども…

やはりキン肉マンは無理。席が取れなかった。で、ある意味予定通り赤ドンへ。

赤ドンは投資が嵩むのがイヤなのか、それとも判別が難しいからか…今日は客付きがイマイチで(通常イベント台に指定されたときの方がイイ)、ジャグラーがあっという間に満席になったのに対して、開店後1時間して、ようやく処女台がなくなるという展開。

まぁ、ちょっと飽きられている…というのが本当のところかなぁ?

Hや6を朝から打たない限り、見せ場は殆どこないし、投資も嵩む。さらに、目押しも大変だしね…。ジャグラーでペカってるほうが楽しいかも。

Hをツモった時の勝率、爆発力…赤ドンは現役最強機種だと思う落人にとっては、こういう熱い全館イベントの日こそ、赤ドンを狙うべきだと一人で熱くなってました。

 

で…まず朝イチ、男前に1Gで三尺玉をぶち込み、ドンゲーを4セット自力で継続。これには助かった。結構コイン増えたしねぇ。

これでやめたら今日は勝ち(苦笑)。

投資6千円目…350Gで親方クシャミ。中押しで判別…ってすでに左リール止めちゃってるから…(汗)

ハサむと、ドンちゃんが上段でテンパイ。 「まさか…ね」 で狙うと揃った!

一枚役の重複かな? 単独ならズルっと滑って、三連ドンが出ると思うんだけど。

ちょっと出足が遅かったけど、BIG!

ナビも5ポイントほど取れて…お次は130G目、山重複の青七BIG。親方でビタ取れず…ドンゲー抜けて、210G目にリプレイ重複でBIGゲ~~ット。調子イイ。

この時点で、自分を含めてスタートダッシュを決めた4台のうち、何台がHなのか…どれがHなのか…そればかりが気になる。

コチラの弱みは、ビタが入らないこと、単独が無いこと。

強みはBIG3回後の花火が、V字花火1回、しだれ花火2回と内容が良いこと。

とにかくこの後もBIGだけは引ける、引ける。

さて、悶絶出目、いきますか~~~!?

Akadonmidoritye

この出目、赤ドンで通算4回目なんですよね…。緑色のナビが出て、狙ったらズドン!!!って。幸せ者ですよ。凄いヒキだと思うんですが。ドンゲー中じゃないと狙わない位置ですから。

Akadonhutagoshiro

2確!

これは結構見る出目だと思うんですが、実際出ると嬉しいですよね。でも、今日はこれだけにして、後は右にゲチェナ狙いませんでした。後の演出が死ぬし。これは白双子の時点で激アツなんで…。

Akadonnuigurumi

1確!

これは二重に嬉しい。何故か?ミッション中だったから。

「葉月ちゃんにネズミのぬいぐるみをプレゼント」

で、射的だ!ドンチャンって…当たりとネズミしか無いし。

これで外れるパターンもあるんだろうけどね。押してみたらびっくりの1確ですよ。

Akadonhanabidama100ko

これも嬉しいねぇ。チェリーかと思ったら。たぶん、押したらそこに「赤」があったんで、ボーナス優先、って事でテンパイしたんだと思うんですよ。赤チェリー重複ですね。

はぁぁぁあ!!ってドンちゃん気合入りすぎ。ちょっと冷静に見て楽しかったから撮りました。

と、まぁ楽しい時間が過ぎて…

 

増えない!!コイン増えない!!

昼1時にカチ盛った1箱と、サラ盛りの1箱…計2箱からぜんぜん増えない。

結局ナビポイントが取れないから…。

2台となりの人は、1000ハマリを全部ドンゲー(ナビ付き)で乗り切った後、爆発しました…。これがHなんだね。ほんと凄いペースで増えてる。

しかも、俺の隣に座ったオサーン(失礼!)がBIG後700G捨て、の状態から天井にぶち込みます。

ビッグ後1800G、待望の金表示の時に、キッチリBIG引いてなんと30ナビGET!です…。さすがにコレには心折られた…。なんで、そんな台で…。

「Hや6を朝から打たない限り、見せ場は殆どこないし…」なんて軽口叩いてスミマセンでした!!

結局オサーンは、途中ナビ追加などもあり、2500枚程度をたたき出しました。ナビ切れドンゲー終了。即ヤメです。

赤ドンの威力を痛感しました。

Akadondai_2

前半、圧倒的なヒキでBIGを重ねていた台も失速…。

とはいえ、この時点でもまだ、赤ドンで一番BIG引いてました。写真はヤメ時のG数とBIG回数。BIG確率だけ見ると完全に設定Hでしょ?

ところが…

4112800

2847枚…。これが、6とHの差。

単独も少なかったし、ナビもビタ押しで取れなかった。

期待値的にもこれ以上、伸びる気がしなかったので19時20分、終了です。投資が6千円と安かったので、価値ある勝利ですが…。今日はヒキだけの勝ち。

ちなみに、そのHと思わしき台の人は、俺よりBIG回数も2回少なく、俺より500G以上多く回していたにもかかわらず、すでに別積み3箱…。手元に1箱半。凄い。

 

最後に…国民の3大義務のひとつである、1日1ペカを達成すべくジャグのシマ。

合算1/150、バケ先行台が70Gで空いている…これを打って・・・

3Gでペカ!BIGというおまけ…同じ70Gまで回してヤメ。ブドウに救われて、結構コイン残った。

411293

1日1ペカ。

総投資7000円  回収5万7000円で +50000円。勝利でした~。

今週はこれで…5戦全勝の95000円。

日当2万まであと少しの内容でしたが…負けキャラから脱却の兆しが…。

嬉しい。これで、また、来週も打てますね。それでは日曜はお休みです。

 

【おまけのG1シリーズ】

桜花賞、買わないけど予想だけ…

◎  5  オディール

○ 11  エアパスカル

▲ 10  トールポピー

△  3  エイムアットビップ

もし、ご参考にいただけるなら、ぜひBOXで。軸を決めずにBOXで…。

馬単でも、馬連でも、三連複、三連単…全てBOXで。

エイムアットビップ、まだ終わってないから!アタマもあるで!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【KY馬券】今更の有馬記念 反省会

KY馬券炸裂!

落人です。いや~ハハハ…。

結局直前まで迷いすぎて、ちゃんとした買い目をブログでアップできず…。

しかも、キッチリ外しました。

ポップ-サムソンの馬単を5,000円ずつ(裏表)。

さらに、ポップ・サムソンの2頭軸から、マツリダゴッホ・ダイワメジャー・ダイワスカーレット・ロックドゥカンブ・デルタブルースの5頭へ1,000円ずつの3連複。

計15,000円。紙くずです。

ちなみに嫁も外しました。ポップ-ウォッカの馬連3,000円。

「雨、荒れた馬場…何か起こりそうな予感。応援馬券で十分やで~」

今更ながら、嫁の言葉が身にしみます。でも、まぁ…例年なら、5万は確実に負けていたから良しとしようか…。(今年は12月に旅行に行ったので、予算がなかったのが幸い。)

爆笑問題の田中が東スポで「今年の有馬はKY馬券」と言っていましたが…彼の本命は、デルタブルースでした。

KYまではよかったのですが…マツリダゴッホでした。というか、蛯名がKY。

当日の第7レースで、同条件(芝・2500m)を勝った蛯名。

KBSテレビ(関西ローカル)で、触れていたんですね。

「過去、同日同条件のレースを勝って、有馬記念も制したケースは3回。的場(現調教師)が2回、蛯名が1回…今回蛯名が勝てば的場に並ぶが…」

どこかで、誰かが、何らかのサインを送っているんですなぁ…。

入線後、あのガッツポーズはまさにKY。

無数に飛び交う新聞、はずれ馬券…今年を象徴する、お祭り状態が完成した瞬間でした。

もう、何もいう事ない。

悔しいから、東京大賞典…いや、競輪だ、グランプリ。なんでもいいや。住之江競艇も年末までやってるか…

年を越せるか心配になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念 枠順で勝負あり

<中山 芝・2500m>
1 メイショウサムソン 武豊
2 ドリームパスポート 高田
3 マツリダゴッホ 蛯名
4 ダイワメジャー デムーロ
5 レゴラス 柴田善
6 ポップロック ペリエ
7 ダイワスカーレット 安藤勝
8 ロックドゥカンブ キネーン
9 サンツェッペリン 北村宏
10 フサイチパンドラ 藤田
11 コスモバルク 松岡
12 インティライミ 福永
13 デルタブルース 川田
14 ハイアーゲーム ルメール
15 チョウサン 横山典
16 ウオッカ 四位

…いやぁ…ウオッカ、ヤバイよ。フルゲート大外の16番枠は、過去11連敗。8着が最高なんだね。

有馬記念は、とにかく先行(4角の位置)有利なレース。あのディープインパクトだって4角回って早々に先頭でした。

そして…サムソンが1番枠。
これも決して有利な枠では無い。

しかし…経済コースを回れるという点、前に行くしか無くなったので、かえってプラスかも。スタートは抜群に上手い豊だし。

…と、いう事でポップロック、ダイワ兄妹の圧倒的有利な状況です。

軸はやはりポップロック。

決まりました。

後は着順のみ。ダイワ兄がとても気になります。3着ならありそう。ただ、安藤勝じゃないんだよね。

明日最終的な買い目出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)