« 天皇賞(秋)と、春菊と、スロットの話 | トップページ | 発熱 »

その差2cm!史上最高の天皇賞(秋)

2cm あ~~興奮した。写真は分かりにくいですが、最後のコール前。着差はわずか2cmだったそうです。(PCの方は写真をクリックしてもらうと、拡大表示されると思います。)

このレースに参加しなかった事(=馬券を買わなかった事)を後悔しましたよ。何だか、レースを見終わっても興奮が収まりませんでしたね。見てるだけでもこれだけ面白かったのですから、馬券握って東京競馬場にいた人達は本当に幸せですよ。

ダイワスカーレットを頭に馬券を購入した皆さんにとっては、何とも悔しすぎる結果でしょうけれども、レースとしてはまさに史上最高の天皇賞…いや、天皇賞に限らずとも史上最高のレースと評しても良いのではないでしょうか…。

僕は親の影響で、競馬を小学生の頃から観始めまして、馬券を買い始めてからだと、まだ15年に満たない程度の人間ですが…今まで見たレースの中でも、もう最高にすごいレースでした。

すごいレースってことで、リアルタイム(TV等含む)で観たレース限定で、個人的に強く印象に残っているレースTOP10を挙げてみると、こんな感じでしょうか。皆さんのベストレースと合致しますか?

■1990年有馬記念 オグリキャップ引退レース
子供心に深く焼きついたレース。「オグリ1着!オグリ1着!」の実況が耳に残りましたね。

■1995年天皇賞(春) ライスシャワーまさかの3コーナー先頭から復活勝利
初めて馬券を(…誰にも内緒で)買った時の馬、それがライスシャワー。メジロマックイーンの春天3連覇を阻止したレースで単勝をGETしました。それだけに、思い入れが深かった。この頃はとにかく好きな馬の馬券を買う…そんなスタイルでしたから、ライスには痛い思いをさせられました(苦笑)。だから、この復活レースは嬉しかったですね。写真判定が長かった(汗)。

■1995年川崎競馬 エンプレス杯ホクトベガ伝説の18馬身差
泥んこの馬場で、ただ1頭次元が違うというか…ゴール板にフォーカスされていたカメラが、ホクトベガが入線後に後続を待ちきれず振り返るという、すごいレースでした。

■1996年阪神大賞典 ナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ち
こんな漫画みたいなマッチレースがあるのかと、すごく印象に残っています。単純にレースとして見たら個人的には最高のレース。このレースでようやくナリタブライアンの事が好きになりました(苦笑)。

■1998年金鯱賞 サイレンススズカ1秒8差の大差勝ち
これは呆気にとられながら見ていたレース。確か、パチパチパチ…と観客に拍手されながら直線走ってるんですよね、このレース。この後の毎日王冠がサイレンススズカのベストレースと評されることが多いですが…僕はこっちの方が好きです。

■1999年有馬記念 グラスワンダーとスペシャルウィーク4cm差の激闘
年越し用の金を全額スペシャルウィークに突っ込んで…わずか4cmで消えたレース。ミレニアムを盛大に迎えるはずが、年末年始の予定をすべてキャンセルし、自宅で引きこもるしかなかったという(泣)。鞍上の武豊さえも勘違いしてしまうほど僅差のレースで、今では完全に「名勝負」の代名詞みたいになってますよね。馬券がらみで一番思い出深いレースは、このレースです(号泣)。

■2001年ジャパンカップダート クロフネ脅威のレコード勝ち
これもサイレンススズカと同様、呆気にとられながら見ていたレース。7馬身差もさることながら、驚異的なレコードタイム2分5秒9は、ウイングアローの記録から1秒3も速い!これにビックリしました。世界に羽ばたく姿が見たかった。

■2003年マイルCS デュランダル
…これは、完全に個人的な思い出レース(恥)。今までは好きな馬をとことん追うスタイルだったので、万馬券などとは無縁。ところが前年に3連複と馬単が導入された影響で、この春から買い方を変え始めて…ついに念願の万馬券GET。ギャラントアロー(3着)とファインモーション(2着)の2頭軸からデュランダルへの3連複で34,480円の配当という馬券で、一緒に観に行った友人数名にふぐを振舞ったという(恥)。あぶく銭は一夜で消えましたが、良い思い出です。

■2005年菊花賞 ディープインパクト無敗の3冠馬誕生
天皇賞(春)の3コーナー先頭で圧勝…こちらの方がディープの凄みが出ているかと思うんですが、感動したのはコチラ。とにかくあのレースは1周目の4角~直線でものすごく掛かってしまい、僕はもうダメだ!と思ったんです。それで勝ってしまうんだからすごいですよね。

■そして、今回の天皇賞(秋) わずか2cm差でウオッカがライバル対決を制す!

…一部のレースは完全に個人的な思い入れですが、ベスト10で言ったらこんな感じですかねぇ。それにしても、1990年代は熱いレースが多かった気がします。好きな馬をとことん追いかけていた、これも影響してるのかな?今は完全に馬券的な見方から入りますからね。だから、馬券を買えない最近は競馬熱も冷めていたのですが、今日は久々に感動して、思わず長文記事になってしまいました。本当に良いレースをありがとう、ですね。

★よろしければ、ポチっと応援クリックをよろしくお願いします!★

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ひきこもりオヤジへ Banner2

■■■↓↓↓ 転職活動の様子と、ニュース批評は、落人の裏ブログで ↓↓↓■■■
 無職再生工場 「無職だって、語りたい…そんな男のニュース批評と日々の暮らし」

|

« 天皇賞(秋)と、春菊と、スロットの話 | トップページ | 発熱 »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438493/24956461

この記事へのトラックバック一覧です: その差2cm!史上最高の天皇賞(秋):

» 《天皇賞(秋) G1》東京競馬場にて、大接戦を繰り広げる!!東京放浪記、生で観戦してきました!? [東京放浪記 ~コンクリートリバー~]
秋の行楽日和というほどに、晴天な晴れ空の下 東京放浪記第二回目のロケは 『秋のG1 天皇賞(秋)』です。 自慢ではないですが 私、ギャンブルには 全くといっていいほど無知…。 競馬は小学生の頃に 父親に連れて行ってもらった 京都競馬場以来です。 ←お馬ちゃ..... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 21時56分

» [競馬]天皇賞(秋)回顧 [Hiro's - Blog]
天皇賞(秋)は素晴らしいレースでしたきっと競馬ファンの中でずっと語り継がれていくでしょう競馬やっててよかった〜と思いました私はスカーレットが勝ったかと思いましたが、結果は2センチ差でウォッカ写真判定の間はドキドキしましたでも久々のスカーレットは良く頑張...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 00時55分

« 天皇賞(秋)と、春菊と、スロットの話 | トップページ | 発熱 »